車の自動運転は実現するか

今、車の自動運転の研究が進められているそうだ。
個人的には、事故を減らすためにも是非進めてもらいたい研究だと思う。
巷のニュースでも高齢者の操作ミスや、若者の無謀運転による事故が後を絶たない。
それを、車の方で強制的に止めることができればどれだけ事故が減るだろうか。

現在市販されている自動車にも、自動ブレーキなどの仕組みがついているが、理想は完全自動運転だ。
車に乗り込んで、行き先を設定すれば後は乗っているだけ。
自動的に他の車や歩行者、自転車を感知して事故を回避する装置を持ち、安全に目的地まで行くことができる。

こうなれば操作ミスや無謀運転の被害者などあり得なくなるし、職業ドライバーの負担も相当減るだろう。
車通勤の人だって、職場まで移動している間に、もう一眠りできるはずだ。
電車や旅客機だってすでに自動操縦はあるし、車だってあと少し研究すれば行けるんじゃないかとも思える。

しかし、今のところ、そういう自動運転は限られた所でしかできないそうだ。
確かに、車にセンサーなどを仕込むにしても、一般道には車以外にも自転車や歩行者もいるので大変かもしれない。
一台一台がバラバラで動くには、人間並みの判断ができる人工知能でも作らなければ難しそうだ。
むしろ、例えば都市の中で走っている車を一カ所で制御して動かす方法が簡単かもしれない。

今のIT技術の発達は目覚ましいものだし、それを使えば車を遠隔で動かすのも可能に思える。
車が走る道路を歩行者から分離した上で、ドライバーが各車が取り付けたIT端末を通して行き先を入力し、全体的に交通を管理するというのはどうだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です